ミノキシジルの副作用の頭痛について

ミノキシジルは本来高血圧の治療用として開発された成分であり、この成分の作用により拡張された血管が神経に触れて結果的にそれが痛みとして表面化します。この原因としては、ミノキシジルの成分に対して身体が過剰に反応しているからではないか、つまりむくみやしびれなどの反応と同じではないか、という意見がありますが、これはあくまでも推測の域を脱していません。なおこのような副作用は、ミノキシジルが塗布タイプのものよりもタブレットタイプのもので症状が表れる可能性が高いそうです。実際に症状が表れる人には、「飲むたびに痛みが発生する」という人もいれば、「体調が優れない場合に限り痛みの症状が表れる」という人もいます。もちろん全くこの症状が発生しないという人も存在することから、必ずしも服用者全員に表れる副作用とは言えないようです。実際に副作用を感じた人からは、「外用のミノキシジルを使用して2ヶ月目くらいで、激しい頭痛が表れた。夜眠くなるほど酷かった。使用を中止したら、1週間ほどで症状が解消されました。」といった声や、「日中の仕事に影響が出るほどの頭痛が発生しました。怖くなったので使用をやめました。」といった声が挙がっています。