ミノキシジルとうつの関係!副作用はあるのか?

男性では早い方で、20代後半から薄毛に悩む方が増え、30代以上になると薄毛に悩んでいる方は、とても増え、この様に男性特有の頭頂部や生え際の箇所が薄くなる状態を男性型脱毛症と呼ばれており、最近ではAGAの専門のクリニックなどでは、プロペシアを処方するのですが、その他にもミノキシジルのタブレットの処方も始められています。このクリニックで処方されるミノキシジルタブレットは、この成分が配合された塗布薬よりも副作用のリスクが高いとされており、処方された後の経過の観察が必要となります。ミノキシジルは元々、血管の拡張効果があるので、アメリカでは高血圧の薬として利用されてきたのですが、身体の体毛が濃くなる、副作用が出たため、育毛剤として研究されという歴史があります。ミノキシジルの主な副作用として一番多いのが、頭皮のかゆみで、その他にも湿疹や炎症などの症状がでる可能性があり、因果関係があると証明はされていないのですが、時には眠気や倦怠感、頭痛などの症状が出る可能性があるのですが、現在ではミノキシジルを肌に使用して、重篤な副作用が出る可能性は低いとされています。しかし薄毛で処方される薬の中には、うつが発症する可能性があるものもあります。