ミノキシジルには体毛が濃くなる多毛症の副作用がある

薄毛治療にも様々な種類があり、まずは医療機関で診察を受け、その人の症状に合った治療が提供されることとなります。

今は自毛植毛や、HARG療法などかなり進化した治療も行われていますが、特に薬を使った治療が利用しやすいこともあり、多くの方が薬を処方されています。

プロペシアは特に有名な薬ですが、同じようにミノキシジルもよく利用されている薬です。

そしてミノキシジルを利用する場合も、副作用についてはよく理解しておきたいものです。

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として使われていたもので、その目的は血圧を下げることにあります。
そして血圧を下げるために血管が拡張され、血液の流れが良くなり、血圧が下がります。

毛根部分の毛細血管も拡張されるので、それゆえに育毛に良いとされている薬ですが、副作用としては多毛症もあげられます。

飲むタイプの薬の場合は頭皮の血管だけが限定されて拡張されているわけではなく、体中の血管が拡張されることとなりますので、それゆえに体毛が増えてしまう可能性もあります。

飲むタイプの薬では全身の毛が増えてしまう可能性もありますので、それを防ぐのであれば、頭皮にだけつける塗るタイプのミノキシジルの利用を検討してみるのも良いでしょう。