ミノキシジルに狭心症の副作用があるって本当?

ミノキシジルは発毛剤に使われる成分で有名になり、日本ではリアップに使用されています。発毛効果が高く、若年性の薄毛に効果があるとされています。その為、販売当初は大半な人気を博しました。育毛剤と異なり、日本で唯一発毛剤であることからこぞって使用する人が増えてきました。しかし、使用する人数が増加するに従い、ミノキシジル使用による、副作用が各地で報告されるようになってきています。ミノキシジルは、カリウム開口薬で、血管拡張薬(血液の循環を良くする働きがある薬)として使用されてきました。発毛効果はあとから発見されてきたものです。その血管拡張効果を利用し、血流の改善から発毛効果を狙う成分でもあります。ミノキシジルは血流の改善を増やすことから、心臓への負担を増やし、狭心症を引き起こす副作用があると言われています。しかし、ミノキシジルの量が少ないことや皮膚からの吸収である事を考えると、副作用がミノキシジルの成分だけの影響か疑問視されている部分もあります。使用者が増えるにあたって様々な副作用が報告されるようになっています。そのどれもが血流の改善による影響が大半を占めていますが、可能性の域を出ません。現在も様々な臨床データを取り、日夜安全に使用できるよう、研究を進めています。